レンタルとリースの違い

よく混同してしまうレンタルとリースの違いについて、

下記の表にまとめてみました。 

 

 

レンタル

リース

対象商品

レンタル会社に在庫のある商品

契約者が選定した商品

商品の所有権

レンタル会社

リース会社

固定資産税・減価償却

必要なし

必要なし

期間

短期(1日~3年程度)

長期(3~6年程度)

法定耐用年数の70%以上

(10年以上のものは60%以上)

料金

レンタル会社が設定したレンタル料金のみ

リース料に期間中の金利、固定資産税や動産総合保険料が含まれる

使用者

不特定多数

契約者(主に企業)のみ

保守・修理

レンタル会社

利用者

中途解約

可能

不可

 

  

■レンタルについて

レンタルは、個人が日常使う家具や家電を、短期間利用する際に便利なサービスです。

レンタル会社の商品の中から、必要な商品を選び、注文手続きが完了すれば、レンタル会社(または指定の配送業者)が商品をお届けします。

在庫の状況により、商品は中古または新品となります。

 

固定資産税や減価償却の必要はなく、必要な料金はレンタル会社が設定した期間毎のレンタル料のみで、リース料と比較すると割安です。

また、レンタル期間中に商品が故障した場合は、レンタル会社が修理、交換を行います。

予定変更時には中途解約し、早期に返却することも可能です。

 

 

■リースについて

リースは、主に企業等で長期間利用するOA機器などを、企業自体が必要な機種、

メーカーの商品を選び、リース会社がその商品を購入します。

そのため、商品は新品で契約者に納入されます。

 

固定資産税や減価償却の必要はありませんが、毎月のリース料は、商品購入価格に、期間中の金利、固定資産税や動産総合保険料がリース料率としてプラスされます。

リース料率は、法定耐用年数やリース期間により変動しますが、期間が3~6年であれば、1.5~2.5%程度が多いようです。

リース料率から期間中の年利を算出して、購入した場合の原価償却と比較すると

割高になる場合もありますが、コスト管理はしやすいです。

 

保守、修理については、通常リース料金には含まれてはおらず、契約者が行う必要があります。(別途料金でサービスを行う会社もあります。)

なお、中途解約は原則できないので、解約する場合は解約金が発生します。

 

AM10:00-PM7:00 年中無休 お問い合わせは0120-775-895まで